ナッシュ(nosh)

【徹底調査】ナッシュの弁当に添加物は入ってる?競合3社やコンビニと比較

あなた

  • nosh(ナッシュ)の弁当には添加物は入っているのかな?
  • 入ってるとしたら何種類くらい?
  • 他の業者やコンビニと比べると多いの?
  • 添加物が少ないメニューって自由に選べるのかな?

 

と疑問を抱えている方の悩みを解決できる記事になっています!

 

なぜなら、実際に僕がナッシュの全メニューの添加物と、ほか3社のメニューを15~30種類も調べたからです。

 

記事の前半ではナッシュのお弁当に含まれる添加物について解説しつつ、記事の後半部分では競合他社とコンビニ・スーパーのお弁当に含まれる添加物について具体的に解説します。

 

この記事を読み終えることで、ナッシュだけでなく他社の弁当に含まれる添加物についても知識を得ることができます。

 

nash(ナッシュ)の弁当に添加物は入っている?

 

まず初めにnosh(ナッシュ)が提供しているメニューは全65種類あり、そのすべてに添加物は含まれています。(2021年1月上旬時点)

 

これだけ聞くと、えっ?全メニューにはいっているの?と驚かれるかもしれません。

 

でも、安心してください。

 

入っている添加物はすべて安全だと証明されているし、コンビニやスーパーよりとても少ないんです!

 

65種類の内訳は、メインメニューで47種類、パンで2種類、デザートで16種類です。

 

それでは実際にどのくらいの添加物が含まているのか見ていきましょう!

 

~ナッシュの添加物使用数(全65メニュー)~

最小値 最大値 平均値
メイン(47) 5 20 12
パン(2) 5 7 6
デザート(16) 3 11 7
あなた
最大値が20で、平均値が12ってすごい多い気がするけど。。。
実はそんなことないんですよ!

安全性は証明されているし、ほかの業者もこれくらい使っているんです。

今回調査した中では大体平均値なんですよ。

やまちゃん

 

ポイント

  • 約3分の1のメニューで10種類~12種類の添加物が使用されています。
  • 10種類未満は9つあり、半分以上のメニューは5~12種類の間となります。
  • 最大値である20種類の添加物を使っているメニューはたったの1つのみでした。

 

実際のメニューに含まれる添加物を見ていきましょう。

 

バッファローチキン 

原材料はこちら

5種類(最小値)

・調味料(アミノ酸等)

・リン酸塩(Na)

・pH調整剤

・乳化剤

・香辛料抽出物

 

わさびソースのチキンソテー

原材料はこちら

12種類(最頻値)

・増粘剤(加工デンプン、キサンタン)

・酒精

・酸味料

・調味料(アミノ酸等)

・安定剤(加工デンプン)

・香料

・ミョウバン

・グリシン

・pH調整剤

・香辛料抽出物

・着色料(カラメル色素、カロチノイド色素)

・V.B1

 

分かり易く情報開示していますね!

 

添加物の安全性と使用頻度TOP10

 

やまちゃん
それでは安全性について解説していきましょう。

使われている添加物は安全性が高く、皆さんの生活にも身近なものばかりなので安心してくださいね。

 

添加物は安全か?危険か?

 

僕が調査した結論からお伝えしますね。

 

これから解説する添加物や、ナッシュで使われているほかの添加物は、すべて安全性が証明されています。

 

では、誰によって証明されているのか? 

 

それは「国」よってです。

 

日本では国(厚生労働大臣)が指定した添加物のみ、使用や販売が「許可」されています。

 

「許可」されるためには安全性が証明される必要があり、国の機関である「食品安全委員会」が動物実験を元に毒性試験してそれを評価します。

 

その試験結果をもとに1日許容摂取量(ADI)が設定され、それを超えない量の使用基準が決めらるんですね。

 

そしてナッシュを含む使用者は、その基準を準拠しなければなりません

 

これが安全性を主張する根拠であり、情報の信頼性の担保ですね!

 

国が言っていることは100%正しいとは思いませんが(汗)、これに関しては厳しい基準のもと試験をし、科学的に結論づけているので安心しています。

 

使用頻度TOP10はこれ!

 

やまちゃん
安全性について不安が払しょくされたところで、ナッシュで使われている添加物について見ていきましょう!

 

1位 調味料(アミノ酸等)

一言でいうと「うまみ成分」のことですね。

調味料には以下の4種類があり、2種類以上使わる場合は「等」が追加されます。

  • アミノ酸:昆布などのうまみ成分で知られるグルタミン酸
  • 拡散:かつお節、煮干し、そしてお肉に多く含まれるイノシン酸
  • 有機酸:主に貝類のうまみ成分であるマレイン酸
  • 無機塩:天然のカリ岩塩を精製してつくられる

 

2位 酸味料 

その名の通り食品に酸味を与えるために使われ、主に3種類あるんですね。

  • クエン酸:かんきつ類の酸味成分(清涼飲料水、ジャムやクッキー等に使用)
  • Lー酒石酸:ブドウに含まれる酸で酸味だけでなく、渋みも伴う酸味料(清涼飲料水やゼリーなどに使用)
  • 乳酸:アルコール類から作られる酸(清涼飲料水、漬物や酒類に使用)

 

3位 pH調整剤

酸化防止剤とともに使われることが多く、微生物の増殖を抑えたり変色腐敗防止をするために使用されます。

ちなみにpHは「ピーエイチ/ペーハー」と読み、酸性かアルカリ性かを示すときに使われます。

冷凍食品や加工食品等に幅広く使われているんですよ。

 

4位 甘味料(スクラロース)

砂糖の代わりに使われることが多く、食品に甘みを加える時に使用されます。

特にスクラロースは80か国以上で食品や飲料に使われ、カロリーゼロの甘味料(コカ・コーラで使用)として有名ですね。

 

5位 香辛料抽出物

香りや辛味の持つ植物、花、果実などを圧縮して有効成分を抽出したものです。

文字から想像できるように、香り、辛味、苦味などのを付与して食品に美味しさや、食欲を増進させるために使われます。

 

6位以下は順番に酒精増粘多糖類香料酸化防止剤乳化剤でした。

 

やまちゃん

普段の買い物に含まれているものばかりですね。

不安に思っている方も少しは安心できるのではないでしょうか?

 

競合3社、コンビニとスーパーの添加物と比較してみた

 

 

さて、ナッシュに入っている添加物について分かったけど、他社と比較して多いのか?少ないのか?気になりますね。

 

そこで独自調査した結果を発表します!

 

結論、同業他社と比べると同じくらいですが、コンビニやスーパーと比べるとはるかに少ない添加物を使っています。

 

まず最初に競合3社との結果を解説しつつ、次にコンビニとスーパーのお弁当との比較を解説していきまね。

 

3社と比較してみた結果は?!

 

~競合3社とナッシュの添加物使用数~

サンプル数 最小値 最大値 平均値
nosh(ナッシュ) 47 5 20 12
ワタミの宅食 15 5 22 11
食卓便 30 5 17 11
ニチレイフーズ 30 7 16 11
やまちゃん

各指標で若干の優劣はありますが、極端にどこかが優れている訳ではありませんね。

 

添加物の比較

  • 最小値:5~7の範囲で、ナッシュの最小値は5と優れた結果を残していますね。
  • 最大値:16~22の範囲で、ナッシュは2番目となりました。
  • 平均値:11~12の範囲なのでほぼ横並びと言えますね。

 

今回の調査ではサンプル数に違いがあるので、正直言ってそれぞれの指標を正確に比較できているとは言えません。(自分で作っていてなんですが。。)

 

特にナッシュは全メインメニュー数をサンプルとしていますが、ワタミの宅食は15サンプルしかありませんね。

 

というのも、成分表を開示している情報って簡単に見つけれないケースが多く、今回はこれが精一杯でした。(;^_^A

 

そういう意味では、ナッシュのHPはメニューに含まれる添加物を誰でも簡単に見ることができるので、利用者にとても優しい作りになっていますね。

 

大手コンビニとスーパーと比べてみると?!

 

まずはコンビニ弁当です。

1.チキンライス&旨辛チキンカツ弁当

チキンライス&旨辛チキンカツ弁当

使用されている添加物は15種類ですね。

添加物のリスト

  • 加工デンプン
  • PH調整剤
  • 調味料(アミノ酸等)
  • 塩化マグネシウム含有物
  • 増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)
  • 乳化剤
  • 膨張剤
  • 着色料(紅麹、カロチノイド、カラメル)
  • リゾチーム
  • 香料
  • 酸化防止剤(V.E)
  • 酒精
  • 酸味料
  • 酵素
  • 香辛料抽出物

2.3食そぼろ&チキン南蛮弁当

3食そぼろ&チキン南蛮弁当

添加物は全部で16種類ですね。

添加物のリスト

  • 加工デンプン
  • pH調整剤
  • 粘料(加工デンプン、増粘多糖類)
  • 調味料(アミノ酸等)
  • 酸味料
  • 着色料(カラメル、クチナシ、カロチノイド、野菜色素、ウコン)
  • 膨張剤
  • 乳化剤
  • 酒精
  • リゾチーム
  • 酸化防止剤(V.C)
  • 香料
  • 香辛料
  • ミョウバン
  • 乳化Ca
  • フィチン酸

 

そして次は最寄りのスーパーのお弁当です。(笑)

1.ハーブ三元豚のロースかつ重

かつ丼

添加物は14種類が使われています。

添加物のリスト

  • 加工澱粉
  • 安定剤(加工澱粉)
  • リン酸塩(Na)
  • ソルビット
  • グァー
  • 増粘多糖類
  • 調味料(アミノ酸等)
  • キサンタン
  • 保存料(ゾルビンサンK)
  • 赤色106号
  • 甘味料(ステビア)
  • グルコン酸

 

今回の調査ではコンビニ・スーパーで15種類前後の添加物が使われていると判明しました。

 

ナッシュ(nosh)のお弁当と比べると、最大で10種類以上も差がある結果になりましたね。

 

そう考えると、コンビニやスーパーと比べてナッシュは圧倒的に少ない添加物を使っていると言えそうです!

 

nosh(ナッシュ)は添加物の少ないメニューを選ぶことができる!

 

さて、同業他社との比較では、添加物の使用数はほぼ横並びでしたね。

 

ただし、他の宅配弁当と違って、ナッシュは食べたいメニューを自由に選ぶことができるというメリットがあります!

 

実は、業者によってはメニューを選べない場合があるんですね。

 

メニューを選べないことで、さきほど比較した数よりも多い添加物を取ってしまう可能性があります。

 

しかし、ナッシュならメニューを自由に選べるので、少しでも添加物が少ないお弁当にしたい場合はとても助かりますね!

 

やまちゃん

ナッシュの添加物の最小値は5種類ですので、十分に少ない言えるでしょう。

 

添加物を確認できるページはこちら

 

それではナッシュのHPから、どのように添加物の情報が見れるか解説していきますね。

 

たったの3ステップです!

 

ステップ1:ナッシュのHP(メインページ)を開き、左上にある「メニュー」をクリック

(画像をクリックするとページに飛べます。)

ナッシュ(Nosh)のHP

 

ステップ2: 気になるメニューをクリック(今回はチリハンバーグステーキを選びました)

 

ステップ3:右下の「原材料」をクリック

「/(スラッシュ)」以降がこのメニューで使用されている添加物になります!

以上、簡単ですね!

 

やまちゃん

すこしでも添加物が少ないメニューを注文したい場合は、このように探してみてくださいね!

 

まとめ

  • ナッシュの全メニューには添加物は含まれている(今回調査した他社も同様です)
  • ナッシュの添加物は5~20種類の範囲で使用されており、メインメニューの平均は12種類(2021年1月上旬時点)
  • 他の業者と比べてほぼ同じ数だが、コンビニやスーパーと比較するとはるかに少ない
  • ナッシュはメニューを自由に選べるので、気なる人は添加物の少ないメニューを選べばOK!

 

詳しくはコチラ

 

-ナッシュ(nosh)

© 2021 宅配冷凍弁当・おかずのおすすめランキング